背中美人を作るエステサロン美寿Bijou.

東京/八丁堀駅から徒歩6分、毎月1週間限定の個人エステサロン。オーナーセラピスト 麻里のブログです。お仕事と関係ないことも書いています。

【次なる目標】2020年は勉強の年

おはようございます!最近になってようやく、自分の中で「次」に向かう決意ができたので、今日はそのことについて記しておきます!


・父の教え
・女性は年齢と共に状況が大きく変わる
エステの仕事の方向性を考える日々
・自分の幸せと向き合って見つけた答え


の4本立てです。



▼先日、エステの専門学校の同期と久しぶりに集まりました。卒業から7年!7年ですって…早い…みんなかわいい…



まずは、
私の普段の思考について書いておきたいのですが、


私は「エステティシャンになる」と決めた10年前(16歳の頃)から、ずーっと「未来をイメージして逆算して今を生きる」ということを続けてきました。




【父の教え】


それまでの16年間は“のほほ〜ん”と生きていたタイプなので、なぜ急にそんな思考になったかは明確には思い出せないのですが、「自分の頭で考えて行動する」という習慣は、いろんな人に影響を受けて身につきました。



そのうちの1人が私の父親であり、そして他に身近にいた人で影響を受けたのは塾の先生や、夢を持って活動している親友たちでした。


それから高校3年生の時に初めて受けた自己啓発セミナーと、趣味の読書の影響もかなり大きかったと思います。


▼高校生の頃に父にもらったメモ


“問題点=あるべき姿(A)− 現状(B)”

当時、父はこのメモを書きながら、「このAとBを把握しておくことが大事なんだよね〜」と呟いていた気がします。




そのような思考を持って10代を生きていたので、常に20代から30代はイメージしていて。。


特に、「将来は結婚して家庭を持って、仕事と家庭の両立をする。そのためにまずは仕事のスキルを磨く」という強い意志があり、


そのために「25歳までは多少無理をしてでもガムシャラに働く」と決めて休むことなく全力疾走してきました。


だからこそ、前職の会社では最年少で昇進し続けたり、数々の成績を残すことができたのと、24歳という若さで独立することができたのだと思います。


【女性は年齢と共に状況が大きく変わる】


ただし、それはあくまで「将来、仕事と家庭を両立するために…」「25歳までは…」という考えがあっての頑張りだったので、その全力疾走はいつまでも続けられるものではないと自分では感じていました。


(周りからは、「まりちゃんはこのままの勢いで行くのだろう」と思われることがよくあるのですが…自分ではそう思ってないのです)




10代の頃に思い描いていた20代後半に自身がさしかかり、約3ヶ月後には27歳になります。(え?はやっ!)




独立してから最初の1年は、目の前を生き切ることにいっぱいいっぱいな感じがあり、未来のことは手探り状態でした。



ただ、屋久島と東京の二拠点活動を終えて関東に帰ってきたちょうど1年前からは「これからの働き方(つまり私にとっては生き方そのもの)」をずっと考え続けていて、最近その答えがようやく出たという感じです。




▼夢プロジェクトで夢を語った時、「エステティシャンであり女性として、新たな生き方を提示し続けたい」とステージで言っていたのが懐かしいです(2018年5月)



エステの仕事の方向性を考える日々】


あまり大々的には言ったことがなかったので知らない人も多いかもしれませんが、私はある時からエステ以外の仕事もしたい」「軸を増やしたい」ということを考えていました。



しかし、今までエステに全力を注いできた私が、今更エステ以外に熱量を注げるものなどあるのか?


やはり私にはエステしかないのでは?


とはいえ、このままだと・・・
(仕事と家庭の両立を考えると、難しいなと思う点が山盛り)


という思考が頭の中で延々ループしていました。



それまでのイメージとしては、今のエステの仕事と並行して別の仕事をする。二本軸(もしくは多数軸)というものでした。ただ、これだとなかなかしっくりこなかったんです。そこ(エステと並行する仕事)に当てはまるものはなんだろう?と。


【自分の幸せと向き合って見つけた答え】


ところが最近しっくりくる答えを見つけました。


それは、エステ以外の仕事で生計を立てれるようになる」という選択肢(次なる目標)でした。



そうする理由としては、エステを生涯続けたいから」なんです。



それも特に、エステで友達や大切な人に喜んでもらいたい」という気持ちが強いからです。




私はエステティックが本当にすばらしいものだと思っていて、そのエステを提供する素敵な仕事に出逢えたのも、ものすごく幸せだと思っています。この仕事が心から好きです。


というか、もう“好きとかでは言い表せない境地”にいて、私はエステを続けることが自分の使命だと思っていて、エステが人生に欠かせないものになっています。


だからこそエステのことで悩むこともすごく多いです。



生涯続けていくには、自分自身が楽しい・幸せな環境でないと続けられません。



私がエステをしていて一番幸福度が高いのは、「友人や大切な人が私のエステを通して喜んでくれたとき」なんですね。



エステを受けに来てくれた友人たちの一部




身内に近ければ近いほど嬉しいですし、相手が幼少期の友人であるとか、私の人生のどこかで関わってくれた相手・またその人にとっての大切な人(ご紹介)だとそれもまた強く幸福を感じます。


なので今もホットペッパーなどに広告を出すことはせずに、友人知り合い紹介など私の繋がりの人に絞って施術をさせていただいてます。



「相手が私だったからエステに出会えた」と言ってくれるような人のエステをしたいんです。この言っている意味、伝わりますか?



今よりもっと自由に、そして自分自身が幸せで、周りの人に喜んでもらえるエステを提供できる…そんな環境を整えるためには、私にはエステ以外の仕事で生計を立てる必要がある。これが今の私には一番しっくりきます。



今すぐに実現させるのは難しいと思いますが、ここから30歳になるまでは、そこに向けて行動していきます!



エステ以外の仕事と言っても実際に「なにをするのか」気になる方も多いかもしれません。もう動き出してますが、まだうまくいく保証もないのと、なるべく自分の精神状態を保っておきたいので、まだ内容は伏せさせてください…!



ただ自分は今後こういう方向性でやっていきたいと考えていますよ!というのをみなさんに知らせておきたくて、今回はこんな記事を書きました!





サロン名につけた「美寿」の由来(長く輝き、美しく生きる。)は私の人生の理念でもあります。自分で決めたこと、その想いに恥じない生き方を。自分自身が重ねていきます。



▼サロン名の由来についてはココに詳しく書いてます





今までもずっとそうでしたが、今年は特に勉強の年になると思います。エステはもちろんその他も。


ますます気合い入れていきます!



長くなってしまいましたが、ここまでお読みいただき、ありがとうございました!



明日から2020年エステサロン美寿の運営が始まります。
今年も楽しんでいきます〜!



▼まだまだ予約受け付けてます!