背中美人を作るエステサロン美寿Bijou.

八丁堀にて毎月1週間限定、個人エステサロン美寿を運営している麻里のブログです。 7月〜11月は屋久島と東京の二拠点セラピストをしています。

二拠点セラピストが活動拠点に屋久島を選ぶ、お金より経験をとる理由

こんばんは。
屋久島と東京の二拠点セラピストまりです🙋‍♀️




どすっぴんで失礼します。



前回は屋久島と東京の二拠点セラピストを始めたキッカケ』について書きました。



今回の記事はその続編で、『活動拠点として、なぜ屋久島が良い!と思ったのか?』について書いていきます。


まず大前提として…

🌟理想のスパがあったから

自然に囲まれ、窓から緑が見えるスパ。
私の頭の中の理想がそのまま現実化したかのようなロケーションのサロン。

そんな素敵な場所が屋久島にあったから、というのは大前提としてあります。





今回は、それ以外のお話がメインです。


いったい私はその他に、どんなことを考え、毎月の半分を屋久島へ行く決断をしたのか。





👉目次

(クリックしたら飛べます〜!)






🌟自分の周りに屋久島へ頻繁に行っている人が1人もいなかった


自然に囲まれたロケーションで働きたい、という条件だけであれば、まずリゾートが思い浮かびます。



おそらく日本で言えば沖縄などに行けば、リゾート地のスパでは自然に囲まれた場所でマッサージの提供ができるでしょう。

しかし私自身は、それには全く魅力を感じず、興味を持てませんでした。


なぜならリゾートバイトなどで行こうと思えば簡単に行けるし、沖縄に関しては自分の周りに頻繁に行っている人が沢山いたからです。



つまり多数の人がすでにやっていること・行っているところに対して、興味を持てなかったのです。


その点、屋久島は東京からの直行便がありません。


屋久島への直行便が飛んでいるのは、鹿児島・伊丹・福岡の3つのみ。東京から屋久島に行くには、鹿児島まで飛行機で行って、そこから飛行機かフェリーに乗り継いで行く必要があります。



鹿児島から屋久島へ飛ぶ航空会社は1つしかなく、航空費用は比較的高いです。しかも、小さな空港なので悪天候の場合は欠航になる可能性も高いです。


なので、屋久島って国内でありながら、行くだけで結構な時間とお金を使います。




島の3分の2が世界遺産区域と言われている屋久島は、多数の人が行ってみたいと思う場所でありながら、なかなか行けない場所。

行きたかったけど行けなかった、という話もチラホラ聞きます。



だからこそ、価値が高い。
そんなところへ毎月行って仕事をする、そんな人は周りで聞いたことがない。これはフリーの活動としても面白いんじゃないかと思ったのです。




🌟都会と田舎の二拠点が面白い

二拠点を行ったり来たりする、いわゆる二拠点生活」や「二重生活」をしている人って、だんだんと増えていると感じます。

いろんな地域で仕事をし、活躍している人。
しかし、私が感じるのは、あくまでそういう人たちは仕事や人が集まる主要都市を行き来してる人が多いということ。



もしくは、平日は都心で仕事をして、週末は少し近場の田舎で生活する、というような暮らし方。


東京と屋久島のように、離れた場所で、しかも都会と田舎で正反対の環境。ここを頻繁に行ったり来たりする二拠点生活をしている人って、なかなかいない。(少なくとも私は知らない)


それを実行したら、どんな化学反応が起きるのか?


これは面白いんじゃないか…と興味を持ちました。




🌟原始的な生活に憧れていた

私は千葉県で生まれ、父親の転勤で千葉▶︎兵庫▶︎タイ・バンコク▶︎千葉と3度の転校を経験し、幼少期をいろんな土地で過ごし育ちました。


千葉では比較的、自然の多い場所で暮らしていましたが、全体的にみると都会が近くて便利な場所で育ち、大自然の中での暮らしやキャンプなどの経験が全くなく大人になりました。

おまけに一人っ子で、今思うと結構なワガママを聞いてもらって育ったので、不便というものをあまり経験したことがありません。


だからか、便利な物が少ない、あまり発展していない、原始的な暮らしというものに強く興味を持つようになっていました。



昔から好奇心が旺盛なので、経験したことのない環境を、とことん経験してみたかったのです。

自分が育った環境と正反対のところへ行ったら、自分がどんな感覚を味わうのだろう…ということが知りたかったのです。


そんな経緯から、会社を辞める前は「アフリカのマラウイに行きたい」と考えていました。

マラウイ🇲🇼は、首都から一歩出ると、電気ガス水道などのライフラインすらなく、トイレは穴を掘ってするくらい、原始的な生活をしていると聞いたからです。


では実際にアフリカに行ったのかというと、
アフリカ行きは私一人では危なすぎるということで周りに大反対され、その反対を押し切ってまで行くほどの熱量がなかったため断念することに。。


そんな考えがもともとあったので、

屋久島の大自然の中での島生活なら、東京にいるよりも遥かに原始的に近い生活ができるのではないかと思ったのです。(単純…)



🌟リスクをとって成長したかった

私はエステティシャン5年目で会社を辞めて独立すると決めた時、自殺するほどの恐怖と向き合う、覚悟が必要でした。


なぜなら、エステティシャンは独立するのはわりと簡単ですが、フリーになってから生き残るほうが何百倍も大変なことを、よーくよーく理解していたからです。


さらに、自分で言うのはおかしいかもしれませんが、私は会社員としてはかなり頑張っていたほうで、

プライベートの時間ですら多くを仕事関連のことに割き、最年少マネージャー兼 店長代理という立場までのぼりつめていました。


マネージャー時代の私


店長になるまで秒読みの段階で、2年後には最年少幹部になる道筋が出来上がっていたタイミングで会社を辞めて、1からのスタートを切りました。



独立当初の写真

会社員時代の自分を一旦殺すくらいの、決死の覚悟でした。


だからこそ、現在エステティシャン6年目のまだまだ若造な私が、独立してもなお大好きな仕事を続けていくためには、周りの人がやったことのない経験を積む(リスクを取って行動する)ことで大きく成長するしかない、と考えていたのです。



🌟追い込まれるほど新たな才能が開花する

ここからは少しストイックな話になってしまいますが、私の経験上、追い込まれてギリギリのところで頑張れば頑張るほど新たな才能が開花します。

⚠️やりすぎると鬱になるので注意。
(私は会社員時代に何度も心身をぶっ壊しかけた経験があります)



何事もやりすぎは注意、ではありますが、自らを追い込むことで、普段だったら思いつかないことを思いついたり、今までできなかったことができるようになったり。そういったことが起きるのも事実です。


私は今までの経験でそれをよく分かっていたので、慣れない環境で仕事をすることは大変だと分かっていながらも、自分の新たな才能を何か開花させることができるのではないかと期待していました。


厳しい環境下で育った植物が、綺麗な花を咲かせるように。




🌟20代のうちはお金よりも経験をとる

10代の頃からお世話になっている人生の先輩に教わって印象に残っている言葉があります。

20代は経験が何よりも大事。

良いことも悪いことも沢山経験すること」


この言葉が常に頭の片隅にあるからか、私はお金をすぐ経験に変えたがります。


今回の屋久島と東京の二拠点活動なんてまさにそれで、私が屋久島へ行く航空費用は毎月、自腹です。




でもそうやって、経験を積むことによって、その経験自体が財産になる。それはのちのち仕事やお金を生み出すことができる。そう信じているから、惜しみなくお金を使えます。


身体が若くて一番エネルギーがある20代の時間を、どこに使うのか。

これは本当に真剣に考えるべきことだと私は思うし、目の前にあるお金よりも遥かに大切なことだと思っています。


なので私は、屋久島に行くために
毎月の航空費用が自腹でも、
車の免許を取りに行く必要があっても、
一人暮らしの家から実家に引っ越す必要があっても、

それでも屋久島が良い!と思い、屋久島と東京の二拠点セラピストを始める決断をしました。


単なるノリと勢いだけではなかったのです。



🌟化学反応を起こしまくる!

そんなこんなで都会と田舎の二拠点セラピストになり、初めての島生活&観光業でもあるスパの仕事を始め、経験値が上がっただけでなく自分では予想もできなかった化学反応が沢山起こりました。


超超長くなってしまうのでここでは端折りますが、、
(今までの屋久島での出来事は、過去記事を参照してください😉)

仕事の件はまた別の機会に記事にしようと思います。


毎日投稿を始めたこのブログだって、こんなに活性したのは二拠点活動を始めたからです。


それから仕事以外にとても印象的なのは、沢山の旅人との出会い。



私の大切な人が増えました。



屋久島が、どんどん特別な場所になっていきます。





さて、、既に7000文字を超えてきたので、ここらで今日の記事は終わりにしようと思います。



前回の記事と合わせて13000文字を超えました。私の二拠点セラピストに対する考えや想い、少し伝わりましたでしょうか?



これからはどんどん、自分の考えていることを公表して、誰かの励みや刺激になれたらいいなと思ってます。



実は、ここまで語ってきた屋久島と東京との二拠点活動は、11月で一旦区切りをつけて終了します。
これも多角度からいろいろ考えての決断です。

残り2ヶ月。

まだまだ化学反応を起こしていきますよ!!!







私のことをもっと知りたい人や会いたい人、
東京の個人エステサロン美寿の予約状況を知りたい方はこちらをチェック💁‍♀️!



長文でしたが、ご一読ありがとうございました😊