背中美人を作るエステサロン美寿Bijou.

東京/八丁堀駅から徒歩6分、毎月1週間限定の個人エステサロン。オーナーセラピスト 麻里のブログです。お仕事と関係ないことも書いています。

念願の夏休みと、これからのこと

こんにちは!エステティシャンの麻里です。7月のエステサロン運営を終え、ただいま1ヶ月間の夏休みをいただき、またまたタイに来ております🇹🇭☀️(2ヶ月連続です…!)しかし“純粋なタイ旅行“は3年ぶり。そして8日目の今日は、旅行最終日です。




「夏、真っ只中に長期の夏休み」をいただくことが、私は社会人になって7年目で今年が初めてです。


今までの夏は、20代前半の同世代が遊び狂うなか、黙々と仕事をしてきた時期でした。「周りが遊ぶ時期こそ仕事をして経験を積もう、スキルを磨こう」と腹をくくっていました。私は1年のなかで夏が一番大好きなのに、です。“だからこそ” だったのかもしれません。


エステは特に春から夏にかけてが繁忙期なので、求められるがままに仕事に没頭してきました。そんな私が、エステの仕事を続けながらも、自由に夏休みを手にすることができている今。

こんな私の姿を認めてくれて、「楽しんできてね!」と暖かい声をかけてくださるお客様、友人や家族、仕事でお世話になっている関係者の皆さんのおかげで、自由に動き回る時間を手にすることができています。


大げさと思われるかもしれないし、この文章を読んで理解してくれる人がいるか分かりませんが・・私はこの夏休みに、おそらく皆さんが想像している以上に特別な想いを抱いています。今までの私がどんなに求めても手に入らなかった「夏休み」という時間なので。今の私と関わってくださっている全ての皆さんに、本当に本当に感謝しています。





前置きはこれくらいにして。

今回の旅行の前半は、4泊5日でタイのリゾート地・プーケットへ行ってきました。プーケットに行くのは5年ぶり。3回目くらいかな。

ちなみに、タイに足を運ぶのは…昔住んでいた3年3ヶ月を除いても9回目です。9月にまた来るのですが、それで10回目になります。(だいぶ来てますね☺️)


ですがそんな私でも、自分でプーケット行きのチケットやホテルを押さえるのも、旅行日程を組むのも今回が初めてでした。ホテル選びは1番悩んだなぁ。悩みすぎて頭がパンクするかと思いました。


いろいろ調べて考えた結果、選んだのはカロンビーチ」目の前のホテル。一番有名で人気なパトンビーチ付近は、あえて避けました。静かにゆっくりしたかったからです。





この選択が、結果的に自分にとって大正解で、ほんとにこれ以上ないくらいゆっくりできて贅沢な休日を過ごすことができました。


海を見ながら朝食をいただける。道を1本渡ればすぐビーチに行ける。人が多すぎず少なすぎずで ちょうどよく、日本人が全然いない。海の波に疲れたらプールもすぐ行ける。周りには程よくお店もあり、食事や買い物にも全く困らない。最高でした。




雨季なので波は高めでしたが(奇跡的に雨はほとんど降らなかった!)、カロンビーチの海はとても楽しめました。ビーチパラソルは2人分で200B(700円)で時間無制限で借りられたので、ここで寝転びながら読書や昼寝も楽しみました。うるさくないし、波の音が心地よかったです☺️




プーケットで一番賑わうパトンビーチや、その付近の飲み屋街などには結局一度も行かなかったのですが、とっても満足なプーケット旅でした。


プーケットタウン散策や、おしゃれで美味しいタイ料理屋さん、シュノーケリングを楽しめるカイ島への日帰りツアーなど、いろんなところへ行ってきました☺️


プーケットタウン付近で買い物やマッサージ


▼ここのレストラン「Natural Restaurant」超おすすめ。
口コミも良いです


▼ツアーなので人は多いけど、チェアでのんびりもできたカイ島(プーケットから船で20分の無人島)。サンゴから足を守るために、ぼったくり価格のシューズを買いました。笑







5日目にプーケットからバンコクに飛び、ここからはひたすら買い物・食事・マッサージ。プーケットに比べて灼熱の暑さだったので、あまり出歩く元気はなく、冷房の涼しさにひたすら感謝する日々でした☀️



▼毎日やっているナイトマーケット「鉄道市場」。
人でぎゅうぎゅうになるほど賑わっていますが、“バンコク感!”を味わえます


▼7月28日は新国王の誕生日でした。おめでとうございます!この影響で、観光施設でやっていないところが多々あり・・「ワットポー(寺院)」や、チュラロンコン大学にある「人体の不思議展」に行ってみるものの、開いてませんでした😭ざんねん!事前によく調べましょう!




いきなりここからは、かなりプライベートな話になるのですが…

今回の旅行、屋久島で出会ってお付き合いを始めてちょうど1年になる「こうちゃん」と一緒に来ています。


話の切り出し方が思いつかないので、少し単刀直入な書き出しになってしまうのですが


今回の旅行を通して こうちゃんとたくさん話し合い、また、この1年でこうちゃんを通して見えてきた自分の姿もあり・・

そういった自分や、2人の関係について向き合った結果、私たちは今後 別々の道を進むことになりました。



もともと付き合う前から結婚観について自然と話し合っていたこともあり、互いに結婚を意識したお付き合いだったのですが、そこを真剣に、お互いの未来を考えた結果でもあります。






今までこうちゃんのことをあまり表で書いてこなかった私が、なぜ別れに関して今回書こうと思ったかというと、

この1年間 あらゆる人にこうちゃんとの関係の話を聞いてもらい、屋久島で出会った共通の友人も多数おり、多くの方にこうちゃんとの関係を含め私の活動を見守り応援していただいていたからです。



嫌いになったとか、喧嘩しただとか、そういうことは一切なく(だからこそ旅行3日目にして話し合った後も楽しく旅行を継続できたのですが)、ただただお互いの方向性やスタンスの違いからくる、主に私の気持ちの変化が今回の結果に繋がりました。


わざわざ皆さんに見える場に書くことではないのかもしれませんが、本当に多くの方に、私の今後の人生のことを相談に乗っていただいていたので、こうちゃん抜きでは今後のことを語れないなと思い、今書いています。




こうちゃんは 今まで出会ってきた異性のなかで、いちばん私に寄り添い、どんな話にも付き合ってくれ、受け入れてくれた人でした。彼の前で話せなかったことが1つもありません。年下にも関わらず、私と考え方がほぼ真逆(←実は最近になって明確に知った)なのにも関わらず、家族以上に私のことを理解してくれた人でした。


私は屋久島に行ってから「表情が穏やかになった」「顔つき・雰囲気が変わった」とよく言われるようになったのですが、これは屋久島の自然のパワーだけでなく、こうちゃんとの関係性のなかで変わった部分も大きいのではないかと自分では感じています。



なので、こうちゃんには本当に感謝しています。たくさん話をしてくれて、遊んでくれて、優しくしてくれて、笑わせてくれて、ほんとうにありがとう。



お気づきの方も多いと思いますが、屋久島や今回のタイ旅行で私が写っている写真は ほぼ全部こうちゃんが撮ってくれたものです。彼は本当にいい笑顔を引き出してくれるカメラマンでもあります。




ちなみに今この文章は、バンコクのカフェでこうちゃんの前に座って書いています。こういった内容を書くことも彼の承諾を得ています。「今なら いい文章が書けそうなの」と言う私を「なら今書きなよ」といつまでも待っていてくれてて、なんだか有難すぎて涙がでます。


ゆっくり・のんびりしただけでなく、お互いの人生を深く見つめ直し、結婚観・家族観・人生観を知り、「今後どう生きていくのか」ということをひたすらに考えた旅になりました。


私は今後 仕事と家庭の両立を必ず成し遂げたいので、引き続き試行錯誤していきますが、この人!と思うパートナーを見つけるまでは、今のところは再び仕事にも思う存分打ち込もうと思っています。(ここ最近は結婚に向けて今後の仕事をどうするべきか、ずっとずっと悩んでいました)そこが吹っ切れました。


こうちゃんも、これから新たな仕事を始める段階で、きっと今までにない挑戦が続いていきます。共通の友人の皆さんは、どちらの道も引き続き応援していただけるととても嬉しいです。



お互いに別の道を歩むことになっても、こうちゃんも私もそれぞれ自分の個性を発揮して幸せであれるように、心の底から願ってます。





バンコクでは私の大好きな友人たちが、こうちゃんと一緒に食事をしてくれました。とっても嬉しかった。

特に裕美さんは、こうちゃんと同じく「調和性」の才能が強い人なので、私には伝えることのできなかった、こうちゃんの今後に繋がるようなアドバイスをたくさんくださって、感謝しています。


好きな人同士が繋がっていくのって、本当に嬉しいんです。




私が昔住んでいたバンコクのマンションや、家族とよく行った日本料理店にも付き合ってもらいました。

当時の思い出や感情を多く掘り起こすことができて、本来の自分がどうであったとか、どんなところが今の自分に繋がっているのかなど、改めて感じることができました。



うまく言葉にまとめられないけれど、ほんとうに、感謝の気持ちでいっぱいです。



これがいい文章なのかは分からないし、書き始めたものの、どうやって締めくくったらよいのか難しいのですが。

私、これからも頑張ります。 !!


今までたくさん受け取った愛情を、これからも自分のまわりの人に与えていきます。大切な人を大切に。自分と関わる人にとってプラスの影響を与えられる人でありたいです。これから先もずっと。



とっても楽しくて、充実した、旅行になりました。
ここまで読んでくれて、ありがとうございます☺️



帰国のフライトまでもう少し時間があるので、これからマッサージを受けて、タイ料理を食べてこようと思います✨




では。

ありがとうバンコク。ありがとうプーケット
ありがとう、こうちゃん。